ガジェット

【SuperEQ S1 レビュー】安いのに機能満載なワイヤレスヘッドホン

皆さんは普段、ヘッドホンって使ってますか?

家ではスピーカー、外ではイヤホンという方がいらっしゃると思います。

ヘッドホンで性能や音など色々求めてしまうと値段が高くなってしまい、手が出しづらくなってしまいます。

今回紹介するヘッドホンは、値段が安いのに色んな機能が詰まったOneOdioの【SuperEQ S1】です。

SuperEQ S1はAmazonでたったの6000円以内なのに、ノイズキャンセリングや外音取り込み機能などの機能を搭載しているワイヤレスヘッドホンです。

今回は、そんな6000円未満でコスパがいい【SuperEQ S1】を詳しく紹介します。

高音
中音
低音
音の解像度
ノイズキャンセリング
外音取り込み機能
いいところ気になるところ
5000円代でワイヤレス高音に弱い
機能が満載外音取り込み機能がイマイチ
コンパクトな見た目で持ち運びしやすいType C端子ではない
質感が良くて5000円を感じないボタンが押しづらい

本記事は、メーカー様より商品をご提供頂き作成しています。

SuperEQ S1の特徴

SuperEQ S1は、有線接続も可能なワイヤレスヘッドホンです。

パッケージはかなりポップな色使いで、高級感よりアクティブな印象を感じさせます。

【BE YOUNG BE FREE】

黒色白色二色のラインナップ

黒色はベース色が黒色で、内側が赤色のかっこいい色使いです。

白色は黒色の部分が真っ白でかわいくおしゃれな印象があります。

サイド

電源ボタンと音量ボタンが密着しすぎていて、着けたままでは若干押しづらい

製品名SuperEQ S1
連続再生時間45時間
ドライバー40mmダイナミックドライバー
防水性能なし
対応コーデックSBC/AAC
充電端子micro-USB
Bluetooth5.0
ノイズキャンセリングあり
外音取り込み機能あり
マルチポイント対応

付属品は、説明書一式とAUXケーブル、micro-USBケーブル、飛行機用アダプタ、収納ケースが付属しています。

左右の区別は、内側にLとRがプリントされていて外側から見て余計な文字が見えなくて好印象

イヤーパッドは、低反発ウレタンでやわらかめな手触りです。

頭の大きさによりますが、締め付けはそこまで強くありませんので頭が痛くなることが少ないのかなと思います

本体に電源と音量調整、ノイズキャンセリングと外音取り込み機能を切り替えるボタンがあります。

さらにAUX接続も可能なので、ワイヤレスだけでなく有線での接続が可能となっています。

重さは約283gと若干重め。

ワイヤレスヘッドホンなので重くなってしまいます。

6000円で専用ポーチまで付いています。

若干光沢のあるやわらかいポーチで、手触りが気持ちよいです。

SuperEQ S1は、折り畳みポーチに収納することができます。

SuperEQ S1のレビュー

SuperEQ S1の使用感などを紹介してみます。

着けてみた感じ

SuperEQ S1は、耳を包むような感覚で装着をすることができフィット感はいいですね。

締め付けもあまり強くはないので、耳が痛くなりづらいと思います。

頭を振ってもずれたり落ちたりすることもありません。

気になる部分と言えば、伸縮する部分がちゃんと固定されないので伸ばしても簡単に縮んでしまうのでちょっとストレスを感じるところです。

音質

第一印象は、6000円代なのにしっかり聴けるなぁという印象。

低音中音はかなりしっかりと鳴らしてくれるので、ドラムやベース、ボーカルは聴いていて気持ちがいいですね。

ギターは、ちょっと弱めですが悪くはないです。

ただし、全体的に音の解像度が低いのか若干音全体にぼやけた印象があります。

気を付けて聞いたり言われればぼやけてるなくらいなので問題ないでしょう。

高音
中音
低音
解像度
オススメ度

向いているジャンル

ロック ポップス

値段を考えても、かなりしっかりと音を鳴らしてくれるので素晴らしいと思います。

ドラムとベースがかなりしっかりと鳴るので迫力があります。

特にベースはこの値段帯では聞き取れないことが多いので、しっかり聞こえるのはすごいと思います。

キャッチコピーである【BE young BE FREE】の通り、若い人向けのジャンルに絞って迫力のある音を作っている感じが好印象を持てます。

気になった点としては、あともう少し音にパンチがあったらもっとよくなっていたと思います。

ノイズキャンセリング

SuperEQ S1のノイズキャンセリングは、値段の割に性能がいいです。

音楽を流さなければテレビの音や話し声は聞こえますが、音楽を流してしまえばほとんど聞こえなくなります

音量最小でも周りの音が聞こえづらくなるので家で使う分には十分すぎる性能ですね。

欠点としては、無音状態だとホワイトノイズがします。

値段を考えると妥協できる点ではあると思いますが、今後の製品で改善されるといいかなと思いました。

外音取り込み機能

SuperEQ S1外音取り込み機能は微妙です。

無音の状態だとノイズキャンセリングとの違いが出てきますが、音楽をかけてしまうと周りの音が聞こえなくなってしまいます

外音取り込み機能を付けるならば、音楽を聴きながら周りの音が聞こえてほしいです。

ノイズキャンセリングは悪くなかったですが、外音取り込み機能はイマイチですね。

SuperEQ S1がオススメな人

SuperEQ S1がオススメな人は6000円くらいでワイヤレスヘッドホンが欲しい人にオススメできます。

音質やノイズキャンセリングも6000円以上のクオリティはあるので、初めてヘッドホン買う方や、ワイヤレスヘッドホンを一個持っておきたい方にはオススメすることができます。

SuperEQ S1のまとめ

SuperEQ S1の特徴をまとめます。

いいところ気になるところ
5000円代でワイヤレス高音に弱い
機能が満載外音取り込み機能がイマイチ
コンパクトな見た目で持ち運びしやすいType C端子ではない
質感が良くて5000円を感じないボタンが押しづらい
高音
中音
低音
音の解像度
ノイズキャンセリング
外音取り込み機能

SuperEQ S1は、6000円という低価格なのに色々な機能を搭載しているワイヤレスヘッドホンです。

音は値段の割にいい音を鳴らしてくれます。

低音に尖った音でロック系やポップスとの相性がいいですね。

低価格でワイヤレスヘッドホンが欲しい人にはオススメできる機種です。

SuperEQ S1が通常よりも買えるクーポン!(9月30日まで)

当ブログ限定のクーポンを使用すると通常よりも安く買えますのでぜひご利用ください!

*Amazon:15% OFF・ 最終価格4334円
検索キーワード:Bluetooth ヘッドホン

Amazonクーポンコード:【OP79TVC4 】(※有効期限9月30日まで)

今回商品をご提供いただいたOneOdio様公式サイト

https://twitter.com/gadget_tako